産科・婦人科

  • HOME
  • 産科・婦人科

 

診療内容

かっさいレディースクリニック

当クリニックでは、月経異常、子宮内膜症、不正出血、かゆみ、おりもの、更年期障害といった婦人科全般の診察に応じています。その他不妊症、避妊(※)、性病性感染症などの相談も受け付けています。また、月経日の移動(※)、緊急避妊(※)ブライダルチェック(※)にも対応していますので、気軽にご相談ください。

希望の分娩施設のご紹介をしています。さらに助産師による母乳・育児相談(※)、ベビーマッサージ指導(※)なども行っていますので、ご利用ください。

(※)は自由診療です。料金は料金表をご確認ください。

ピルについて

かっさいレディースクリニック

月経困難症について

避妊薬として考えられていますが、実は月経にまつわるトラブルの処方にも使われます。たとえば、月経痛がある、月経量が多い、月経周期が乱れているなどの症状です。月経困難症に対するピルの処方は保険適用となります。月経痛がひどくて仕事に集中できない、月経の量が多すぎて外出もままならないということがあればご相談ください。

月経移動について

月経予定日と旅行・イベントなどの用事が重なってしまい、どうしても月経を前後に動かしたい方は、ピル(※)を服用することでずらすことができます。方法は大きく2通りあり、早めたい場合は、移動させたい月経の1ヶ月前の月経が来た頃が来院の目安となります。遅らせたい場合は、移動させたい月経の5~7日前までに 来院していただいています。月経移動は自由診療となりますので詳しくはご相談ください。

(※)は自由診療です。料金は料金表をご確認ください。

注意点・副作用

吐き気や頭痛、むくみ などを引き起こすことがあります。またケースとしては少ないですが、血管の中に血の塊ができてしまう血栓症になるリスクもあります。旅行・イベント中に服用するのを避ける意味で、できれば早める方をおすすめしています。

アフターピルについて

避妊をしないで性交渉してしまった場合や、コンドームなどによる避妊が失敗してしまった場合に、妊娠を防止するお薬です。一般的にアフターピル(※)と呼ばれる「緊急避妊ピル」です。性交渉後72時間以内の服用となります。避妊としての作用は一般的なピルと比べて劣るとされており、お薬の種類によって作用や費用が異なりますので、詳しくはお問い合わせください。

(※)は自由診療です。料金は料金表をご確認ください。

避妊について

かっさいレディースクリニック

子宮内避妊用具について

子宮内に小さな避妊器具(IUD)(※)を装着することで、避妊をする方法です。一度挿入すると、数年間避妊した状態となるため、出産の経験があり、長期避妊をしたい方におすすめといえます。種類としては「黄体ホルモン付加IUD」(※)などがあります。詳しくはお問い合わせください。

(※)は自由診療です。料金は料金表をご確認ください。

手術について

かっさいレディースクリニック

院長は母体保護法指定医師指定医でもあり、人工妊娠中絶手術(※)が可能です。何らかの理由で妊娠を中断せざるをえない方はご相談ください。妊娠週数により手術方法も変わってくる他、手術に関する説明も医師がていねいに説明させていただきます。

(※)は自由診療です。料金は料金表をご確認ください。